2015年8月28日に、働く女性の活躍を進めるための「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が制定されました。

それに伴い、KFSでは、従来のダイバーシティ調査から、より女性社員の活躍・推進に焦点を当てた、社員意識調査のご案内ページを追加いたしました。

今回ご紹介しているメニューは、以下の3つです。

1.女性活躍推進に関する社内の意識を包括的に知りたい方のための「女性活躍推進に関する社員意識調査」
2.女性管理職育成対策としての、「管理職と女性社員の意識ギャップ調査」
3.社員の就業継続対策のための、「仕事の進め方とワークライフバランス調査」

女性活躍推進は、ダイバーシティマネジメントの入り口ですが、すでに取組の成果を着実に上げ、一層、企業の競争力に直結するような マネジメントに向けて進化・加速を続ける企業がある一方で、男性主体のマネジメント体系から思うように進まず、どこから手をつけるべきか、悩んでしまっている企業の方も多いように思います。

あなたの会社の問題を上手に掬い上げるためには、この自社の取り組みのレベルや問題意識に沿った、質問項目設計なくして、具体的な手を打つ施策が見えてきません。

KFSの調査設計は、全て、企業様に応じたオリジナル調査設計です。

お気軽にご相談ください。

◆女性活躍推進に関する社員意識調査について詳しくはこちら →女性活躍推進のための社員意識調査

◆ダイバーシティ調査について詳しくはこちら →ダイバーシティ意識調査

◆KFSの社員意識調査についての特長はこちら→調査担当者様へ