制度が「ある」ことと、「使える」ことの間には、大きな隔たりがあります。

会社として、制度を用意していても、取得できない環境であっては、それは「無い」ことと結局同じ。

特に昨今は、育児休暇取得制度を始め、ワークライフバランス充実や女性活躍推進のための各種制度を整備するのが、ある意味で「当たり前」になり、女性の制度の利用は、だいぶ進んできているように思いますが、例えば、「男性」についてはどうでしょうか?

社員意識調査を行う中で、男性の育児・介護といった制度利用が課題に上るのはもちろん、有給取得の消化率もままならない、といった企業様が実は多いと感じます。

女性はもちろん、男性も。

「ある」を「使える」にするためには、制度利用の問題だけでなく、社員の意識を含めて、どう手をうつべきか?

そのためには、具体的に何が問題で、どう進めるのか、データに基づき、判断していくことが重要だと感じます。